スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

筑波大で渡り廊下の屋根落下 けが人なし

茨城県つくば市天王台の筑波大で10日午前7時45分ごろ、「第1エリア」の1B棟と1C棟を結ぶ渡り廊下付近で大きな異音がし、警備員が駆けつけたところ、渡り廊下の屋根が斜めに落下していた。けが人はなかった。

 同大によると、屋根は長さ約10メートルで、内部には鉄筋が入っていたという。同大が落下の原因を調べている。10日は日曜で、学内にはほとんど学生がいなかったという。

 11日に登校し、落下した屋根を不安そうに見ていた2年生の男子学生(21)は「事故が平日で人がいたら、大惨事になっていた」と話した。3年生の女子学生(21)は「渡り廊下は自動販売機があるので、普段は人の通りが多い。老朽化した施設は他にもあるので、早急に対応してほしい」と不安そうに話していた。

産経新聞より引用
2017年12月11日
[ 2017/12/11 19:05 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。