学長が手術に異例の立ち会いか 山口組直系組長と京都府立医大

2月14日、京都府警は京都府立医科大学と同付属病院を虚偽公文書作成・同行使の疑いで家宅捜索した。この日、恐喝容疑で実刑判決が確定している、6代目山口組の直系組長、高山義友希(よしゆき)受刑者を大阪高検が収監した。

 高山受刑者は実刑判決確定後、病院の診断書などで、服役には耐えられないとして、1年半以上にわたり収監されていなかった。それが虚偽の診断による「服役逃れ」ではないかという容疑が持ち上がっている。

 高山受刑者は2014年7月、同医科大病院で腎臓の移植手術を受けた。術後の症状が重いとして、検察が刑を執行停止していた。

 高山受刑者は、かねてから腎臓疾患のため、京都市の武田病院で人工透析を受けていた。だが、疾患が重篤となり、より高度な治療を希望したことで、同年2月から医科大病院を受診するようになったという。

「高山受刑者がヤクザの親分というのはすぐにわかった。『ヤクザの移植手術は無理だろう』と言われ、おまけに腎臓を提供する高山受刑者の親族にも疾患があり、倫理委員会は通らない、との話だった。それが一転して移植手術と聞き、びっくりした」

 と医科大病院のある医師は話す。

 その時、病院でウワサになったのが、医科大の吉川敏一学長と高山受刑者との関係だ。

 同年1月、高山受刑者は、親しい京都府警OBから吉川学長を紹介される。京都の繁華街・先斗(ぽんと)町などで、公立医科大のトップと指定暴力団組長の会食風景が目撃されていたという。

 医科大病院の吉村了勇(のりお)院長が高山受刑者を診察し、移植手術の執刀も手掛けた。

「手術の時、専門でもない吉川学長が、病院に1枚しか置いていない白衣を着て立ち会った。こんなことは異例も異例。そこに会食の話が流れ、『現金でも動いたんじゃないか』と、ささやかれるようになった」(前出・医科大病院の医師)

行停止としていた大阪高検は、昨年春から高山受刑者の病状と診断記録の相違があるのではとの情報をキャッチ。昨年6月と10月、2度にわたり医科大病院に「執行関係事項照会書」を送付して病状を確認し、診断や記録から収監できると判断した。

「過去の診断記録を他の医師などに見てもらうと、おかしな点が判明し、虚偽記載の疑惑が浮上した。高山受刑者と吉川学長の不透明な関係や、高検への書類作成に病院幹部が関与していたこともわかってきた」(捜査関係者)

 医科大病院側は吉川学長と高山受刑者の関係についてこう話す。

「会っていたが、病院の敷地内」

 だが、先斗町の飲食店の関係者は、

「高山受刑者と吉川学長は一緒に来ていた」

 と証言する。

 医科大病院だけでなく吉川学長の自宅まで捜索される前代未聞の事件。だが、

「吉川学長は病院近くに“第二の事務所”を持っている。女性の専属秘書を自費で雇い、病院外の執筆や出張などを管理し、今回のグレーな交際もそこで把握しているはず。その事務所に捜索が入らず、病院内では不思議に思っている人も多い」(前出の医師)

 収監前、高山受刑者は知人に、

「手術のお礼をしなければと思ったが、吉川学長は受け取らなかった。だから饅頭(まんじゅう)100個を2度くらい手土産で渡した」

 などと語っていた。

「今回の収監と捜索は初歩だ」(捜査関係者)

 公立医科大と暴力団組長が絡む汚職事件にまで発展しかねない異例の事態である。

※週刊朝日 2017年3月3日号

記事はdotより引用
[ 2017/02/24 15:01 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(-)