院長が「記念撮影」を指示


手術台の患者そばでVサイン 院長が「記念撮影」を指示

福岡県田川市の村上外科病院の医師や看護師が手術室で記念撮影し、看護師が写真2枚をSNSに投稿していた。手術台に横たわる患者のそばに立つ医師らの写真と、Vサインをする看護師の写真だった。インターネット上で「非常識だ」と批判が広がり、病院側は23日、記者会見を開いて謝罪した。

 病院の説明によると、1月31日、腕を骨折した患者の手術後、手術を補助した村上直秀院長(85)の指示を受け、20代の女性看護師が病院のデジタルカメラで写した。看護師はプリントした画像を自分のスマートフォンで撮影して自身のインスタグラムに投稿し、拡散したという。

 患者は全身麻酔からの覚醒中で、包帯を巻かれた腕などが写っていた。顔などは写っていない。病院側は22日、患者と家族に謝罪したという。

 村上院長は会見で「(高齢の自分にとって)最後の手術になると考え、撮影させた。患者様への配慮を欠き、不快な思いをさせたことを深くおわび申し上げます」と話した。

朝日新聞デジタルより引用

このNEWSを読んで、院長医者どもがいかに とんちんかん かつ 非道かがわかる。

医者を疑え!
[ 2017/02/24 00:21 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(-)