タクシー突入:病院に悲鳴響く…「お母さん」泣きすがる子

タクシー突入:病院に悲鳴響く…「お母さん」泣きすがる子

夕方の病院に激しい衝突音とともに悲鳴が響き渡った。3日、福岡市博多区大博町の原三信(はらさんしん)病院にタクシーが猛スピードで突っ込んで計10人が死傷した事故。現場では「お父さん」「お母さん」と被害者に泣きすがる子供の姿も見られたという。周辺にはガラス片などが散らばり、目撃者らは一様に「病院でこんなことが起きるとは」と声を震わせた。【平川昌範、宗岡敬介、蓬田正志】

 「白っぽい車が病院に近づくとものすごいスピードに加速し、ドンドンと激しい衝突音がした」。院内の売店で買い物をし、病院前に出てきたところで事故を目撃した近所の女性(79)は青ざめた様子で話した。「車の下に女性の顔が見えた。自分も少し出るのが遅れていたら巻き込まれていた」。タクシーからは小柄な運転手が出てきて、そのまま駆けつけた警察官にパトカーで連行されたという。目撃した近所の会社員男性(32)によると、運転手は身柄を確保される際に「大変なことをしてしまった」と話したという。


病院に突っ込んだ車両=福岡市博多区で2016年12月3日午後7時28分、和田大典撮影(一部画像を処理しています)© 毎日新聞 病院に突っ込んだ車両=福岡市博多区で2016年12月3日午後7時28分、和田大典…
 
事故直後に現場に駆けつけたという近くの駐車場管理会社の従業員男性(77)も「ドーンという聞いたことのない音がした」と驚いた様子。「5人くらいが倒れていて全然動かなかった。小さな女の子が女性に『お母さん』と泣きながらすがりついていた」と絶句した。現場を通りかかった近くの専門学校生、南彰仁さん(20)も「女の子が『お父さん、お母さん』と泣いていた。男性2人が倒れているのが見え、1人はパジャマ姿で心臓マッサージを受けていた」と振り返った。

 場所という。事故当時も複数の人たちが利用していたといい、ガラスを突き破ってきたタクシーに突然衝突されたとみられる。

目撃者らによると、タクシーが突っ込んだ同病院東館1階の玄関脇にあるラウンジは、普段は見舞客や入院患者らがくつろいで話している場所という。 


入院患者も一様に驚いた様子だった。入院中の会社員男性(51)は「一面にガラス片や柱の破片が散らばっていて言葉では言い表せない状況だ。車と壁の間に挟まれている人もいた」と声を震わせた。8階に入院している女性(60)は「救急車の音がして下を見ると心臓マッサージを受けている人が見えた。柱や天井も一部壊れている。病院でこんなことがあるなんて怖い」と不安な様子で語った。

毎日新聞より引用
[ 2016/12/04 15:19 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(-)