鉄パイプ落下’港区六本木)


14日午前9時55分ごろ、東京都港区六本木3丁目のマンションで工事用の足場の解体作業中、10階部分から鉄パイプ(長さ1・5メートル)が落下し、歩道を歩いていた東京都新宿区の無職飯村一彦さん(77)の右側頭部に突き刺さった。飯村さんは病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。一緒に歩いていた70代の妻も病院に運ばれた。

 警視庁麻布署は、現場の安全管理に問題がなかったか、業務上過失致死容疑で調べる。

 現場のマンションは地下鉄六本木駅から東に約300メートルの六本木通り沿いにある。外壁工事のために1階から10階部分まで足場が組まれ、部品などの落下を防ぐ板も設置されていた。

 現場付近は、事故の影響で渋滞するなど、一時混乱した。

MSN NEWSより引用

現場の安全管理が問題である。

[ 2016/10/14 15:05 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(-)