スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【小池百合子都政】知事迎え初の代表質問 都議会、試される追及力 「豊洲盛り土問題」「五輪整備費」など山積


都議会は4日、初めて小池百合子知事を迎えての代表質問が行われる。最大会派の自民党は7月の都知事選から小池氏との対立が続くが、議場での対決姿勢は抑えるとみられ、主要4会派は注目を集める豊洲新市場(江東区)の盛り土問題や東京五輪・パラリンピックの整備費増大問題で都当局を追及する見込み。ただ、いずれも経緯が不透明で、特に盛り土問題で「責任者を特定できない」と結論付けた都に対し、どこまで真相に迫れるのか。都議会の力量が試される。

 「今回の議会は都民に注目されているので、やじなどは節度を持つように」。小池氏の所信表明が行われた9月28日の本会議の直前、都議会自民党の総会で高木啓幹事長は所属議員に注意を呼びかけた。

 豊洲問題や五輪施設の整備費削減に積極姿勢で臨み、都民の支持を集める小池氏。「事実上、やじは止めろということ。対決姿勢なんて出せるわけがない」とベテラン自民都議はため息をつく。

 高木幹事長は代表質問の一切について「秘密」としたが、別の都議は「突っ込んだ追及は難しいだろう」と話した。

 都議会公明党の東村邦浩幹事長は、豊洲市場の地下水から環境基準値を超える有害物質が検出されたことに絡み「2年間の地下水モニタリング調査について、小池知事は『調査結果を(安全性判断の)大事な基準にする』と言った」と指摘。「今後2年間さらに移転を延期するつもりなのか」と小池氏の考えをただす方針だ。

 五輪施設の整備費問題では、最終的に都が大会の赤字補填(ほてん)を行うことが決まっているだけに、「五輪組織委をチェックできる仕組みにしないと」としている。

 共産党都議団の大山とも子幹事長は、土壌汚染が指摘されていた豊洲地区に移転を決めた石原慎太郎元知事ら当時の関係者に「責任を問う」と鼻息は荒い。土壌対策にも不備があったことを追及し、改めて「築地市場の移転中止を求める」とした。

 都議会民進党の尾崎大介幹事長は「都からの報告内容が本当ではないとなると何も信じられなくなる」とし、移転の判断経緯を改めて追及する方針。五輪整備費問題と同様に情報公開を求めるという。

MSNサンケイ新聞より引用

平成28年10月4日
[ 2016/10/04 12:10 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。