スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

点滴に異物混入で入院中の男性死亡 殺人容疑で捜査 横浜

今月、横浜市神奈川区にある病院で、入院していた88歳の男性が死亡し、警察が遺体を詳しく調べたところ、死因は中毒死の疑いがあることがわかりました。警察は、何者かが点滴に異物を混入した疑いがあると見て、殺人の疑いで捜査を進めています。

警察によりますと、横浜市神奈川区にある「大口病院」で、今月20日午前5時前、入院していた横浜市港北区の八巻信雄さん(88)が死亡しました。これまでの調べで、八巻さんは亡くなるおよそ50分前の午前4時ごろに心拍数が急激に低下したということです。

午前10時40分ごろ、病院から「点滴に異物が混入した可能性がある」と警察に通報があり、警察が遺体を詳しく調べたところ、死因は中毒死の疑いがあることがわかりました。このため警察は、何者かが点滴に異物を混入した疑いがあると見て、殺人の疑いで捜査本部を設置し、捜査を進めています。

警察によりますと、八巻さんは今月14日から入院し、栄養分が入った点滴を受けていたということですが、亡くなる前日の午後10時ごろ、看護師が点滴を交換したということです。警察は病院関係者などから事情を聞くなどして、不審な人物が目撃されていないか捜査を進めています。

大口病院のホームページによりますと、診療科目は、内科、整形外科、小児科、リハビリテーション科の合わせて4つあり、ベッド数は85床となっています。

NHK NEWSより引用
[ 2016/09/23 21:08 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。