1974年10月23日付の読売新聞夕刊から

〈茨城国体に出場する東京都の馬術選手の乗用車が、二十二日夕、会場近くの茨城県稲敷郡新利根村で歩行者をはね、死亡させた。このため、東京都は、二十三日以降の全馬術競技の出場を辞退した。

 二十二日午後五時ごろ、新利根村角崎の県道を歩いていた同村××××、会社員××××さん(二二)は、茨城国体馬術競技東京都代表、竹田恆和選手(二六)(東京都港区高輪三の一三の一)の乗用車にはねられ、頭を強く打って近くの病院に収容されたが、二十三日午前零時過ぎ死んだ。江戸崎署の調べでは竹田選手が対向車のライトに目がくらんだのが事故の原因。

 竹田選手はIOC(国際オリンピック委員会)委員の竹田恒徳氏の三男で、馬術のミュンヘン・オリンピック日本代表。茨城国体には、二十三日午後の一般飛越競技に東京都の代表選手として出場するため、会場の同郡美浦村の馬術会場近くの合宿所に行く途中だった。

 竹田選手の事故責任をとり、東京都チームは二十三日朝、この日以降の全馬術競技の出場を辞退することを決定、大会本部に連絡した。〉

竹田 辞めろや。百合子も変節するなよ。

ダイナミック猪瀬 自殺した都議の怨念をはらすため、内田を糾弾せよ!

各大学などの補助金目当てで、公金強奪の仲介役、なかやふみたかの文京区へのレポート最近みないよな。

汚染水は統御されていない。計画は破綻した。

東京五輪は即時辞退せよ!

[ 2016/08/22 19:26 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する