東京都知事選】推薦候補の敗北、石原伸晃都連会長「党本部マター。お金も党本部が集めた。責任者は谷垣幹事長だ」

自民党東京都連会長の石原伸晃経済再生担当相は2日午前の記者会見で、都知事選で党推薦の増田寛也氏が敗北した問題に絡み、「知事選は党本部マター。お金も都連でなく党本部が集めたのであり、責任者は幹事長だ」と述べた。

 都連会長としてのみずからの責任については、「痛感している」としつつ、谷垣禎一幹事長が自転車事故で入院中であることを踏まえ、「(3日の党役員人事後の)新しい体制のみなさんと、まずは話をしなければならない。自民党が組織をあげて推薦をした人がなぜ敗れたか、しっかり総括して、その上で、責任論に真摯(しんし)にお答えしてく」と話した。

 小池百合子氏の勝利については「増田氏に知事になってもらいたいと今でも思っているが、民意は厳粛に受け止める。新知事には、東京五輪に向け、山積する課題に一つ一つ対応してもらいたい」と述べた。

産経新聞より引用

甘利が不起訴相当で政界に復帰する厚顔無恥、鉄面皮野郎で、石原のぶてるは、引退されたい。

責任を自転車マニアの谷垣さだかずになするつけている。

谷垣は辞意を慎三に提出。

石破も、派閥に残存することを固辞。

二階のくちぼそ男は、エステに行きべきです。

幹事長はスマートでさわやかな笑顔をしなkればグローバルな仕事はできない!

スマイル党のマック赤坂を見慣れえ!


山積する課題を積み上げたのは、慎太郎、ダイナミック猪瀬、ヤフオクマニアの舛添要一である。

やれやれ。。。。
[ 2016/08/02 15:15 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する