【慶応大病院提訴へ】心臓手術で脳障害の女児両親「どこが医療か」

生後3カ月に慶応義塾大学病院(東京都新宿区)で受けた心臓手術で脳に重い障害が残ったとして、群馬県太田市の高橋心音(ここね)ちゃん(5)と両親が21日、同院を運営する学校法人慶応義塾に対し、約2億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。同日、都内で記者会見した父親の会社員、歩(あゆみ)さん(43)は、「手術前は泣き、笑い、ミルクも飲んでいたのに、今は呼吸さえ苦しい。これのどこが医療なんだ」と訴えた。

 記者会見には、車いすを押されて心音ちゃんも同席した。付きっきりで看病にあたっている母親の亜希子さん(39)は、「手術前とは別人のようだ。病院側からは原因不明という説明しかなかった。私たちのような思いをする人がいなくなるように、病院には真実を話してもらいたい」と話した。

 提訴後、心音ちゃん親子は厚生労働省を訪れ、同病院の特定機能病院の承認取り消しを要望した。

 訴状によると、心音ちゃんは平成22年12月、心臓に空いていた2つの穴をふさぐ手術を受けた。病院側は手術2日前の検査で「別に穴が見つかった」として手術内容を変更。だが実際には穴は2つしかなく、人工心肺の管を挿入する位置が変わり、脳への血流が悪くなったのに、脳の状態を監視する装置を取り付けるなどの注意を怠ったとしている。慶応大病院総務課は「訴状もなく、今の時点で答えることはできない」としている。

産経新聞より引用
2016年7月21日
[ 2016/07/22 13:54 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する