医療事故 ミスの常連 国公立大学のうちのひとつか?


群大病院また医療ミス 50代男性、右手足ほとんど動かず

 群馬大病院は8日、県内の50代男性が、同病院整形外科で頸椎(けいつい)の手術を受けた後、神経障害が生じる医療事故があったと発表した。

 同病院によると、男性には再手術が行われたが、現在も右手足はほとんど動かず、人工呼吸管理も必要な状態で、症状改善は1年ほど経過をみる必要があるという。

 男性は変形した首の骨が神経を圧迫、筋力低下や歩行困難になる頚髄症で、昨年11月、同病院で金属製の棒状器具を使い骨を固定する手術を受けたが、その場所がずれて脊髄の神経を圧迫、神経障害が生じた。

 同病院は今年3月、外部委員2人の協力で事故調査委員会を実施。手術では、X線の透視以外にもモニタリングの機能を使って観察すべきだったことや、体形など患者個別のリスクにかかる部分の説明が不十分だったことなどを挙げた。

 田村遵一病院長は「新たな医療事故が起こり、非常に申し訳ない。患者や家族に対し、誠実に対応していきたい」と謝罪した。

産経NEWSより引用
2016年7月9日

補助金、研究費などの血税原資を与えるな!

特定機能病院資格を取り消せ!
[ 2016/07/13 02:56 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する