竹中土木 殿


竹中土木が所得隠し=「秘匿金」で制裁課税も-国税局
 竹中工務店(大阪市中央区)の子会社竹中土木(東京都江東区)が、東京国税局の税務調査を受け、2013年12月期までの2年間に、約1億8000万円の所得隠しを指摘されたことが21日、分かった。うち約1億2000万円は支出先などが不明な「使途秘匿金」に認定された。
 経理ミスなどを含めた申告漏れは総額約2億3000万円に上る。使途秘匿金に対する制裁課税や重加算税を加え約8000万円を追徴されたという。
 関係者によると、竹中土木は12~13年、関西地方で手がけた工事で多額の外注費を計上。税務調査の結果、一部は外注費としての実態がないと判断された。工事を円滑に進めるための地元対策などに使われたとみられる。
 竹中土木の話 国税当局と見解の相違はあったが、既に修正申告し納税した。(2016/01/21-10:37)

時事コムより引用
[ 2016/07/11 20:58 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する