順天堂 担当者が対応ができない。?? いつもそうです!


順天堂大病院で「点滴切られ寝たきりに」 家族が訴え

 順天堂大病院の心臓血管外科に入院していた女性(74)の家族が9日、記者会見し、昨年6月、点滴装置の電源が切られて強心剤の投与が数十分間停止し、女性が今も寝たきり状態になっていると明らかにした。同院に対する損害賠償請求訴訟とともに、業務上過失傷害罪での刑事告訴を検討しているという。

 会見した女性の長女によると、女性は宮城県内の病院でうっ血性心不全、弁膜症と診断され、平成27年4月に同院に入院。手術に備えていたところ、6月17日昼ごろ、ドブタミンと呼ばれる強心剤の点滴装置が数十分~1時間にわたって切られたことで「ショック状態に陥った」と主張している。

 長女によると、同院側は「点滴の材料が少なくなり、作りにいっている間にアラーム音がなるので、看護師が電源を切った」と説明。ただ、女性の状態との因果関係は明確にせず、文書での報告には応じていないという。

 女性はすでに別の病院に転院。意識はあるものの、現在も声を出したり歩行したりするのは困難という。長女は「医療ミスを認め、謝罪してほしい」と訴えた。順天堂大病院は「担当者が対応できない」としている。

産経NEWSより引用
[ 2016/06/15 14:13 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する