「天皇執刀医と山口組大幹部」浅からぬ付き合い!診断受け付け届け・・・神戸牛1頭セットや米30キロ

「天皇執刀医と山口組大幹部」浅からぬ付き合い!診断受け付け届け・・・神戸牛1頭セットや米30キロ

J-CASTテレビウォッチ / 2016年6月3日 16時8分

きょうは暴力団ネタで始めてみたい。フライデーが天皇の執刀医・天野篤教授が山口組大幹部と付き合いがあり、高価な贈り物をもらっていて、なかには米300キロもあったと報じている。<4月6日午前10時――順天堂大学医学部附属順天堂医院の『裏口』付近に、黒いワンボックスカーが停まった。(中略)しばらくすると裏口から二人の男に護衛されるようにして、中折れ帽姿の初老の男性が出てきた。初老の男性を後部座席に乗せるとワンボックスカーは発車。(中略)初老の男性は新幹線で神戸へ向かった>(フライデー)

この初老の男性は山本國春(66)で、建國会会長で四代目山健組では若頭を務めた山口組の大幹部であるという(14年に引退を宣言)。07年5月にJR三ノ宮駅(神戸市)近くで四代目山健組系多三郎一家・後藤一男組長がメッタ刺しにされる事件が発生し、その指示を出したとして、この人物は組織犯罪処罰法違反(組織的殺人)容疑で逮捕された。15年6月に懲役20年が確定したが、それからすでに1年近くが経過しているのに、収監されずになぜ順天堂医院にいたのか。

フライデーによると、山本元若頭は重病人で収監は望ましくないと書かれた「診断書」が存在するため、当局は二の足を踏んでいるというのだ。その診断書を書いたのが、12年2月に天皇陛下の冠動脈バイパス手術を成功させた天野篤教授だというのである。医者は患者なら誰でも診るのは当たり前ではあるが、山本元若頭と天野教授には接点があるという。医療関係者がこう話している。

<「三浪して日大医学部に入った時点で、天野さんは非エリートとして民間病院で腕を磨くことに活路を見出した。手術件数をこなすうち、暴力団員の患者と知り合い、『腕がいいから』と別の暴力団員を紹介された。そんななか、山本氏とつながったと聞いています」>

診断書には、感染症のリスクが高いので他人が使ったタオルを触るのは危険。生水を口にしてはいけない。人混みも避けるべき。トイレで踏ん張っただけで死ぬリスクがある。おおむねそんなことが書かれていたという。だが、フライデーが目撃した山本元若頭は、診断書に書かれているような重病人には見えなかったそうだ。さらに取材を進めると、<「ここ一年の間に山本氏から天野さんのもとに高額な贈り物が届いているのです。マスクメロンが大量に配送されたり、1本1万円近くする高級ワインが配達されてきたり。神戸牛一頭セットがプレゼントされたときは、心底驚きましたね」(医療関係者)>

さらに、今年(2016年)2月1日、山本元若頭から魚沼産のブランド米30キロ―実に10箱もの段ボールの山が順天堂医院の天野氏に届けられていたという。郷原信郎弁護士は<「暴力団からの贈答とわかっていたのなら、断固拒否すべきでしょう。わかっていて飲んだり食べたりしているなら、コンプライアンス意識や規範意識が麻痺しているとしか思えません」>と批判している。拒絶するどころか、天野氏は贈答品を医局員とシェアしていたという。医者のモラルとしていかがなものかと思わせる記事である。

http://news.infoseek.co.jp/article/20160603jcasttv20164268711/?p=1

infoseek NEWSより引用
[ 2016/06/07 21:41 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する