不適切男 都政を担う資格なし!

舛添知事 調査結果「新たに不適切な支出」

6月6日 16時52分

舛添知事 調査結果「新たに不適切な支出」


東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題で調査を依頼された弁護士は、いずれも違法性はないとしつつも宿泊費や美術品などの購入費の一部に趣味や家族のためと見られてもやむをえない不適切な支出があったなどととする調査結果をまとめたことが分かりました。


東京都の舛添知事は、政治資金などを巡る一連の問題について、第三者に調査を委ねるとしてこれまで具体的な説明を行わず、先月25日から元検事の弁護士2人による調査が行われていましたが、調査結果がまとまり、都議会の正副議長や各会派の幹事長に説明を行いました。

関係者によりますと、調査結果では、舛添知事が関係する政治団体の支出について、政治資金の使途に制限はないためいずれの支出も違法性はないとしつつも、一部に不適切な支出などがあったと指摘しています。

この中では、19件の宿泊費のうち、新たに、4年前に栃木県日光市のホテルに支払った8万円余りと、6年前に山口県下関市のホテルに支払った7万円余りなど4件合わせて43万円余りについて、主な目的は家族旅行と解釈するのが合理的だなどとして適切とは言えないとしています。また、2年前と3年前の正月に家族と宿泊した千葉県内のホテルで開いたとする会議については、「相談相手である元新聞記者の出版社社長とそれぞれ数時間と、1時間程度面談していた」としていますが、「全体としてみれば家族旅行と判断するほかない」などとしてこれらも不適切だったとしています。さらに、インターネットのオークションなどを通じて購入していた美術品や書籍などについても、違法性はないものの趣味や家族のための購入と見られてもやむをえないなどと指摘し、一部に不適切な支出があったとしています。


都議会 自民 「知事から『けじめ』で別荘売却の話」

都議会で最大会派の自民党の宇田川聡史幹事長は「知事から『一定のけじめをつける』ということで、湯河原町の別荘を売却するという話があった。われわれとしては調査結果を精査したうえで、議会での代表質問や一般質問に結びつけたい。自民党としての考えや対応についてはあすの代表質問で一定の表明をしたい」と述べました。


都議会 公明「内容を精査し代表質問でただす」

公明党の長橋桂一幹事長は「舛添知事からはけじめとして湯河原町の別荘を売却したいなどの説明があった。今回、調査結果を初めて聞いたので内容を精査してあすの代表質問でただしていきたい」と述べました。


都議会 共産「都民の批判を理解していない」

共産党の大山とも子幹事長は「政治資金では使途の制限がないため、違法ではないとの説明だったが、違法でなければいいのかという都民の批判を理解していない。これだけでは都民の批判に耐えるものではない」と述べました。


都議会 民進「法的に違法かだけでなく、道義的にどうかだ」

民進党の尾崎大介幹事長は「説明の中では、『不適切ではない』という表現がかなり多かった。求められるのは、法的に違法かどうかというだけではなく、道義的にどうかということだ。あすからの代表質問・一般質問の中で厳しく追及していきたい」と述べました。



関連ニュース[自動検索]




舛添知事が会見 改めて陳謝6月6日 16時07分



舛添知事 都議会に弁護士調査結果の説明始める6月6日 15時29分



舛添知事 午後4時から弁護士同席で記者会見6月6日 14時54分動画



舛添知事 きょう午後にも調査結果公表へ6月6日 4時07分動画



舛添知事 政治資金の調査結果 6日にも公表したい考え6月3日 14時48分動画



舛添知事 6日にも調査結果公表で調整6月2日 17時49分

NHKNEWSより引用
[ 2016/06/06 18:58 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する