スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

舛添都知事

佐々木善三 という弁護士は、東電や小渕優子の弁護人だったそうだ。

これらの仕事の結果、善三の判断は、すべてこうだ。

適正ではないが、違法性があるとまでは言えない。というくだりの執拗な繰り返しである。

若い記者の質疑に、事実認定ごときで、上から目線で叱り飛ばしたことは、ドツボにはまった証拠か?

説明の省略が多く、ウダウダと語る割には、正義感の微塵すらも感じなかったし、公平さも覚えない。

都民が選んだ第3者ではなく、舛添が選んだ第3者である。

都民は、都民の税金をこういう舛添のような公人に預けたら、知らぬところで、私的に使いまくられたという事実を見せつけられたわけである。

本日政界復帰した甘利でさえ、一時は辞任したが、嫌疑不十分で不起訴である。

為政者、権力者に甘く、納税者を見下す。これが、公権力の検事どもではないのか?



[ 2016/06/06 18:15 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。