金もらって、雲隠れする?男 処分庁の男(東京都 知事)


舛添都知事に“政党交付金400万円”ネコババ疑惑が発覚!

週刊文春 5月18日(水)16時1分配信

 舛添要一都知事(67)に、また新たな疑惑が浮上した。舛添氏がかつて党代表を務めていた新党改革関係者が“告発”する。

「2014年の都知事選の期間中、舛添氏は新党改革から約400万円の政党交付金を“ネコババ”しています。新党改革を離党し、無所属で出馬したにもかかわらず、新党改革支部から自身の資金管理団体に政党交付金を移動させているのです」

 この証言をもとに小誌特別取材班が取材を進めると、政治資金収支報告書の記載により、告発内容が事実であることが裏付けられた。

 まず、立候補直前の2014年1月3日と22日の2日に分けて、「新党改革」から舛添氏が代表を務める政治団体「新党改革比例区第四支部」に計600万円が寄附されている。そして告示後の1月28日、31日には、同支部から舛添氏自身の資金管理団体である「グローバルネットワーク研究会」(以下、グ研)に2日に分けて、約526万円が寄附として移動している。このうち429万円が政党交付金、つまり血税であることが、「政党交付金使途等報告書」により明らかになった(その後、「グ研」が14年7月に解散すると、「グ研」の資金約5000万円は舛添氏の現在の資金管理団体「泰山会」へと引き継がれている)。

 この不可解なカネの流れについて、上脇博之・神戸学院大学教授が疑問を呈する。

「政党助成法によれば、政党本部、支部が解散した場合、余った政党交付金は国庫に返還するように定められています。ところが舛添氏は自らの資金管理団体に持ち逃げしており、返還逃れであると同時に公金の私物化です。政治資金規正法の趣旨に反します」

 この疑惑について、舛添氏は事務所を通じて「事実関係を調査したいと思います」と回答したが、都知事選期間中の疑惑だけに都知事としての「正当性」が問われる事態となりつつある。

「週刊文春」5月19日発売号では、他にも舛添氏の様々な金銭疑惑について報じている。


<週刊文春2016年5月26日号『スクープ速報』より>

YAHOO NEWS掲載より引用 2016年5月19日

都民を裏切り、公約を破り、血税を私用に使いまくり、弁解した理由は納得できない。

突然辞任した石原、医療法人と癒着した ダイナミック猪瀬、と失態が続き、信頼は回復できない。

東京五輪は即時辞退、賄賂の陰に、女もあるだろう。

安倍の招致演説は、虚偽である。安倍慎三自身が、理路整然と批判されると誹謗中傷と反応する、自己愛に耽溺した独善である。

汚染水漏れは統御できていない。むしろ拡散中である。

サノケンによる、エンブレム問題でごたごたした。

リノベーションで、済むのに、旧五輪競技場(千駄ヶ谷信濃町)を解体した(破壊した。)費用は都民国民の血税である。
工事は即時中止し、更地のままにし、草の自生する広場にし、国民に開放せよ!
巨大会場として屋外LIVE会場などに転用せよ!

スポーツ庁 長官である鈴木大地も責任を取れ!

竹田、森、安倍、猪瀬、滝川クリスタルらは、一致して、おもてなしなどという虚構で国民を騙した事実から、全員公民権停止。

などと、不信感と憤激の声が打電されております。。。。

フランス検察の捜査で、賄賂、買収による事実が明らかになる可能性は否定できない。

解釈改憲、安保改悪、憲法改悪、3,11、9,19の暴挙を忘却してはならない。

[ 2016/05/19 10:53 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する