第3者委員会はポテンシャルがない人は2H範囲外かよ?


2016年03月08日

 広島県府中町で昨年12月、町立中学3年の男子生徒(当時15歳)が自宅で自殺していたことがわかった。町教育委員会によると、学校側は生徒が自殺する前の進路指導で、素行に関する誤った記録に基づき、志望校への校長推薦は出せないと伝えていたという。町教委は今後、第三者委員会を設置して自殺との関連を調べるとしており、8日の臨時保護者会で経緯を説明する。

 町教委などによると、男子生徒は昨年12月8日午後5時頃、自宅で倒れているところを家人に発見され、搬送先の病院で死亡した。

 生徒は第1志望の公立高校に加え、受験に校長推薦が必要な私立高校を第2志望としていたが、学校側は校長推薦を認めなかった。学校側が調査したところ、この決定は中1当時の素行に関する誤った記録をもとに行われ、進路指導の際、生徒にもその内容を伝えていたことが判明したため、同月中に家族に謝罪した。いじめの被害などは確認されなかったという。

 町教委は、具体的な記録の内容について明らかにしていない。これまで「家族から自殺の事実を伏せるように要望された」として公表しておらず、8日の臨時保護者会後に記者会見を開くとしている。

2016年03月08日

読売新聞より引用
[ 2016/03/09 21:03 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する