医療廃棄物処理

医療廃棄物処理

感染性廃棄物の定義
 感染性を有するあるいはその可能性のある医療廃棄物は、廃棄物処理法に基づいて「感染性廃棄物」と称され、特別管理一般廃棄物と特別管理産業廃棄物に分けられる。法的には、血液の付着した紙類は感染性(特別管理)一般廃棄物に分類されるが、現実的には、これらが院内で血液の付着した手袋(感染性産業廃棄物)と区別されて取り扱われることはないし、その必要もない。いいかえれば、感染性一般廃棄物とは、事実上、臓器・組織および動物死体をさすと考えてかまわない。

上記は下記URLからの引用である。

http://www.fujita-hu.ac.jp/~kimigaai/study/naiyou/haikibutsu.htm

感染性医療廃棄物保管場所

順天堂 公害3



[ 2016/02/29 13:13 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する