元請けは清水建設 くい打ちデータ流用の神鋼工場 大手ゼネコンも不正見抜けず

元請けは清水建設 くい打ちデータ流用の神鋼工場 大手ゼネコンも不正見抜けず

 旭化成建材のくい打ち工事でデータ流用があった神戸製鋼所大安工場(三重県いなべ市)の建物の建設で、大手ゼネコンの清水建設が元請けだったことが4日、分かった。施工管理能力が高いとされる大手ゼネコンでも不正が見抜けなかったことで影響が広がりそうだ。

 関係者によると、工事には横浜市の傾いたマンションと同じ男性担当者が施工に関わっていた。建物は工場の倉庫で、ひび割れや傾きは確認されていないという。

 石川県小松市の特別養護老人ホーム「松寿園」でも旭化成建材によるくい打ち工事でデータ流用があり、元請けは清水建設だった

2015.11.4 13:22更新
産経新聞より引用

タワー型で鉄筋不足もあったな。
[ 2015/11/04 23:11 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する