建機と学校法人

コベルコ減益とのNEWS投稿がありました。

施設設備更新にともなう仁の館(地域をサテライト取得で蹂躙中)と大手ゼネコンらしい模範的重機の使い方(公道使用安全誘導を含む)は?

大手ゼネコンを交えた再編計画で事前に説明された事実とは、まったく別物か?それ以外の従来?の設備改修などの工事と混同しやすく、中長期計画には、存在しない鹿島D棟などの建築もその一例で、枚挙にいとまがない。

順天堂の周知は信用できません。

ホシカワなどの順天堂の委託会社が、地域の配慮への認識にバラツキがあり、あまりにも不誠実と言えます。

疑念と怒りが収まりません。

事業者のテンポラリー?である順天堂再編事業局が、順天堂内部に 地域への配慮を周知しておらず、学習能力や、誠意に欠ける事実が露呈しています。

管理対応能力に問題があり、それは工事施工会社の細心の配慮とは比肩できず、不十分稚拙としか言いようがありません。

などと入電が。。。。
[ 2015/09/30 14:41 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する