<安保法案>「ヒゲの隊長」は民主議員の顔を殴ったのか

<安保法案>「ヒゲの隊長」は民主議員の顔を殴ったのか

毎日新聞 9月18日(金)20時0分配信

<安保法案>「ヒゲの隊長」は民主議員の顔を殴ったのか


参院平和安全法制特別委で鴻池祥肇委員長の裁決を阻もうとした民主・小西洋之氏(左)を拳で排除する自民・佐藤正久筆頭理事=国会内で2015年9月17日午後4時31分、藤井太郎撮影


 ◇佐藤氏「後ろから押さえた」 小西氏「殴られた」

 17日に参院特別委員会であった安全保障関連法案採決の混乱で、「ヒゲの隊長」こと自民党の佐藤正久議員(元自衛隊イラク先遣隊長)が民主党の小西洋之議員の顔を殴ったように見える写真が議論を呼んでいる。これは暴力だったのか。改めて2人に話を聞いた。

 佐藤氏は「後ろから小西先生が飛び込んできて、委員長の持っている紙を奪おうとしたので押さえた」と話した。写真では右拳が小西氏の左頬を捉えたように見えるが、殴ったという認識はないようだ。「当たっているのでは」と尋ねると「まあ当たっても……そうねえ、当然、来たから押さえましたよね。委員長が危ないから」。

 一方の小西氏は殴られたとの認識だ。ただし、その時は必死で気づかず、映像で知ったという。ツイッターで「故意の技巧的殴打」と表現する。
 小西氏によると、鴻池祥肇委員長が手にする議事進行表を奪おうとしたが、与党議員に囲まれ近づけなかったため、上からダイビングしたという。小西氏は言う。「議事を妨害しようとしたのではなく、憲法違反の立法を阻止しようとしたんです」【日下部聡、林田七恵】

毎日新聞より引用
[ 2015/09/19 20:02 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する