自民道連青年局長を覚醒剤使用で逮捕 「自分で注射した」 道警

自民道連青年局長を覚醒剤使用で逮捕 「自分で注射した」 道警



ヤク中自民党
大平修二容疑者(石狩市のホームページより)

 
北海道警は、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、自民党北海道連の青年局長で石狩市議の大平修二容疑者(46)=石狩市花川南=を逮捕した。道警によると「自分で注射して使った」と供述し、容疑を認めている。逮捕容疑は6月中旬から30日までの間に、北海道内で覚せい剤を使用したとしている。

 道警によると、大平容疑者が覚せい剤を所持しているとの情報があり、6月30日に自宅を家宅捜索し、尿を検査したところ、覚せい剤の陽性反応が出た。

 大平容疑者の両腕には注射の痕が複数あり、自宅台所のごみ箱から覚せい剤が入っていたとみられるビニール片や注射器の袋も複数押収されていることから、日常的に使用していた疑いもあるとみて調べる。

 大平容疑者は平成19年に石狩市議に初当選し、現在3期目。自民党道連は党紀委員会を開き、大平容疑者を1日付で除名処分とした。

2015 7 01
産経NEWSより引用
[ 2015/07/19 23:40 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する