国民の理解進まず」=安倍

「国民の理解進まず」=安倍

 安倍晋三首相は15日午前の衆院平和安全法制特別委員会で、安全保障関連法案について「残念ながら、まだ国民の理解は進んでいる状況ではない」と認めた。
 その上で「これからさらに国民の理解が進むように努力したい」と述べた。民主党の大串博志氏への答弁。
 安保法案をめぐっては、石破茂地方創生担当相も14日の記者会見で「国民の理解が進んだと言い切る自信はない」と述べた。首相の答弁に対し、大串氏は「看過できない発言だ」と反発した。
 これに関し、菅義偉官房長官は15日の記者会見で、「自衛隊発足や国連平和維持活動(PKO)参加、日米安全保障条約改定など、極めて世論が厳しい中であっても、責任ある政府が法案を国会で通し、平和な国をつくり上げてきた。引き続き丁寧に説明をしていく」と強調した。 


時事通信 7月15日(水)より引用

稚拙な、カフェスタなる動画で、児戯以下の低俗でっちあげ妄想ものがたりが、わかりやすいのか?

だから、東大文一にも、理三にも受かる学力が最初から 成蹊学園には、残念だが、この男には学習教育されなかったのだ。

安倍晋三 成蹊大卒

高村 中央大卒 23歳で司法試験通過した天才らしいが。。。

菅よしひで 法政夜学らしい

中谷、岸田らは、論外。

成蹊大卒の男が、武器をもって殺人を戦争参加で行うとは、まことに遺憾どころではなく、大学のイメージを損ない、失当だ。

他方、医学系の学部を有する国立私立大学は、さらに局所的に醜いのは明らかだ。証拠は枚挙にいとまなく多大にある。

[ 2015/07/16 02:37 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する