これが国会審議か?強行採決

国会審議を侮辱し、国民を議長が暴虐陵虐している。

丁寧ではない。まさにだの、しっかりだの、安倍らの手癖の執拗な威力暴力的発言は国民を脅迫した。

これが、民主主義の裁決か?

自由民主党などという、いかにも耳触りの良い党名は国民を愚弄した。

貴様ら劣等感の塊の、安倍岸田中谷菅高村中谷塩崎下村はくぶんの恐怖政治である。

論理破綻、支離滅裂な答弁を執拗に繰り返す、成蹊大の劣等感(小心者)を粉砕しろ!

二階(和歌山)の答弁は、その容貌もさることながら、嫌悪感を上記安倍ども同様、国会裁決混乱状態を正当化した
言語道断な男である。

国民はこれらが国民の代表と思うのか?

などと満腔の憤激を覚え、抗議の入電がございます。


以下は時事ドットコムより引用

怒号の中、中央突破=野党は猛抗議-衆院特別委

衆院平和安全法制特別委員会でプラカードを持った民主党議員らに囲まれる中谷元防衛相(中央右)と岸田文雄外相(同左)=15日午後、国会内

 安全保障関連法案をめぐる攻防がヤマ場を迎えた15日午前の衆院平和安全法制特別委員会。与党は単独で採決を強行し、野党議員は浜田靖一委員長(自民)を取り囲み、激しく抗議。特別委が開かれた国会内の委員会室は怒号に包まれた。

「これが民主主義か」=怒号飛び交う中強行採決-安保関連法案・衆院特別委

 「自衛隊に武力行使を命じるとき、重い決断をするのは首相自身だ。先の大戦が誤りだったと考えているのか」。民主党の長妻昭代表代行は特別委で、安保法制に絡めて安倍晋三首相にこう迫った。首相は「歴史認識は従来の内閣の立場を受け継いでいる」とかわしたが、長妻氏は納得せず、「きょうの採決は到底容認できない。質疑を終局しないよう、強く抗議する」と求めた。
 委員会室には、野党議員が大挙して詰め掛けた。首相の答弁に対し、口々に「採決はあり得ない」「まだまだ審議時間は足りない」などと声を張り上げた。浜田委員長が質疑終局を宣言すると、「強行採決反対」などと書かれたプラカードを掲げ、最後は「反対」の大合唱も起こった。

衆院平和安全法制特別委員会でプラカードを持った民主党議員らが委員長席に詰め寄る中、起立し賛成する自民党議員=15日午後、国会内
[ 2015/07/16 01:54 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する