禅問答

憲法9条を堅守する組織の人間は、断固戦争反対を綱領とする。

戦争には納得は致しませんが、戦争に対し理解は示す?

理解不能の文意を、国家資格保有者が、xxxの前に引用した事実。

一定の理解も、金銭的折り合いも、一切前提条件には、記述すらない。

金銭的解決は、賠償ではない。

学校法人は、迷惑をかけることを意識していないばかりか。。。。。


[ 2015/06/24 21:37 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する