総務区民委員会会議録(平成20年12月3日)

http://www.city.bunkyo.lg.jp/kugikai/kaigiroku/h20/_8991/_9011.html

から引用、該当箇所 抜粋する。

○椎名特命担当課長 おはようございます。

  それでは、資料第3号に基づきまして、旧元町小学校跡地の暫定活用について報告させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

  まず、経緯からとなってございます。経緯については、御案内のとおりではございますけれども、旧元町小学校跡地については平成18年度における総合体育館の移設を含む一体的整備計画の見直しに平成19年度になったということでございますけれども、その跡地の活用等について検討を行ってきたということでございます。その中は、もちろん校舎については老朽化が進んでいるというところがあったということでございます。その一方で、区内複数の学校法人から校舎改築に伴う仮校舎として旧元町小学校校舎等を借り受けたいという希望もいただいていたというような状況でございました。このため、区としては遊休施設の有効活用また校舎対策、これは耐震対策が必要になってございますけれども、それと区民便益施設の確保、せっかく活用するに当たっては区民のためる便益施設の確保ということで、子育て支援施設の確保等ができないかどうかというような観点から検討を行ったというのが経緯でございます。

  2番目に、対応方針と掲げてございます。子育て支援施策の展開が可能な学校法人順天堂との交渉を進めるということでございます。学校としては、通常仮校舎という目的は一緒ですけれども、順天堂についてはこの部分が特徴として可能だということでございました。

  3番目に、順天堂からの申し出の内容になります。目的等については今言ったとおり仮校舎、敷地全体を使いたいという使用範囲、また使用期間については平成21年度から26年度の6年間ぐらい必要だというお話でございました。

  その他の中で、子育て支援施策の展開等ということで、病後児保育や事業所内保育を実施したいというようなお申し出があったということでございます。

  スケジュールについてでございますけれども、予定と書いてございます。大ざっぱなことで書いてございますけれども、議会報告させていただいた後、1月以降順天堂大学への貸与と書いてございます。やや雑駁でございますけれども、ちょっとこの辺、本当に先週のことでございますので、今後賃貸借契約にかかわる基本的な内容についての覚書を先週27日に締結させていただいたということをあわせて御報告させていただきたいと思います。

  今後は、正式契約に向けて交渉、調整を続けていきたいということでございます。1月以降についてですけれども、ここについては先ほども言ったとおり耐震に関すること、まず耐震診断をして、どういった状況の耐震のレベルになるかというところの取り組みがまず必要だろうと。そういったことをやりながら今後の予定を立ててくるだろうというところで、この記載としてはやや雑駁になっているところで御了解いただければと思います。

  御報告としては以上でございます。

抜粋、引用終わり
[ 2015/06/09 22:43 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する