東京都所管の災害拠点病院 特定機能病院は、免震構造だそうです。


<東洋ゴム>免震改ざん、工場を調査 発覚後も出荷

毎日新聞 3月17日(火)21時19分配信

<東洋ゴム>免震改ざん、工場を調査 発覚後も出荷


立ち入り調査のため東洋ゴム工業の明石工場を訪れる国交省の職員ら=兵庫県稲美町で2015年3月17日午後4時5分、川畑展之撮影


 東洋ゴム工業(大阪市)と子会社が製造・販売した免震装置に国の性能基準を満たさない製品が含まれていた問題で、国土交通省は17日、兵庫県稲美町の同社兵庫事業所(明石工場)に立ち入り調査した。また、性能不足の装置が使われた全国55棟のうち12棟は、不良品の疑いがあると発覚した昨年2月以降に納入されていたことが分かった。

【免震ゴム、危険性は未知数】

 立ち入り調査は同日夕から任意で、同省住宅局の職員らが実施した。安全性を検証するため、担当者が数値を改ざんしたとされるより前の性能データの提出を求めたほか、関係者から改ざんの経緯についても事情を聞いた。データや報告内容を持ち帰り、必要に応じて追加調査やこの担当者からの聞き取りも検討するという。

 最終的な調査結果によっては、各都府県とも連携して法的措置も検討する姿勢だ。ただ、国が認定した性能と異なる製品を引き渡した事業者に対する建築基準法の罰則規定(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)の施行は今年6月で、今回は適用できない。

 問題の55棟のうち12棟は、担当者が代わり、性能不足の疑いが出た昨年2月以降もこの免震装置を納入し、今年2月まで続けられた。同社は「もっと早くに社内調査の確度を高めていたら、納入を止められたはずだった」としているが、国交省は「疑いの出た時点で出荷をストップすべきではなかったか」と批判している。

 同省は同日、幹部による連絡会議を行い、原因究明のほか性能評価や認定制度の総点検などを進める方針を確認した。対象となる建築物の構造安全性を3月末までに検証することや、速やかな改修の実施、利用者や居住者への周知徹底を急ぐことも決めた。【安高晋、本多健】

 ◇「一個人の行為とは思えない」

 立ち入り調査を行った国土交通省の田中敬三・建築安全調査室長は、調査後に記者会見し、免震ゴム担当者が根拠のない計算によって性能データを改ざんしたことが判明したことを明らかにした。

 担当者は営業サイドのプレッシャーを受け、納期に間に合わせるため故意にデータを改ざんした疑いがあるという。田中室長は「一個人の問題とは思えない」と述べ、会社の体質などが背景にあることを示唆した。【高橋一隆、川畑展之】
.

【関連記事】
【免震装置ってどんなもの?】
【写真特集】免震装置の不適合が判明した公共施設
公共施設15棟、国交省が発表 
免震装置改ざん 三重県警の警察署も
長野市新庁舎も…作業員不足の建設遅れに追い打ち

最終更新:3月17日(火)23時2分


毎日新聞より引用
[ 2015/03/18 00:23 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する