スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国家戦略特区で技術開発?する12床増やした 順天堂で

毎日新聞2016年6月10日 東京朝刊

順天堂大学付属順天堂医院(東京都文京区)の心臓血管外科で昨年6月、入院していた女性(74)の強心剤の点滴装置の電源が一時、切れ、点滴できない事故が起きていたことが分かった。家族と弁護士が9日、東京都内で記者会見し、明らかにした。弁護士らによると、病院側は必要以上にアラーム音が鳴らないよう看護師が電源を切ったと説明しているという。女性は意識はあるものの、自力歩行などができない状態。別の病院に入院し、治療を受けている。女性の家族は、医療ミスだとして損害賠償訴訟を検討している。


 女性は岩手県在住で、昨年4月、うっ血性心不全のため同病院に入院。同年6月、集中治療室(ICU)にいたところ、容体が悪化してショック状態になっているのに家族が気付いた。医師が調べたところ、数十分間、点滴装置の電源が切れていた。家族が担当
医から受けた説明によると、アラームは強心剤が少なくなると鳴る仕組み。看護師は強心剤を補充するまでの間、音が鳴らないように電源を切って点滴を止め、ICUを離れた。強心剤は補充しなかったという。
家族は、電源を切った経緯を文書で説明するよう病院に求めたが、回答はない。同病院は毎日新聞の取材に応じなかった。【熊谷豪】
.
毎日新聞より引用

百合子さんへ
舛添都政での税金の公私混同問題の追及はどうした?

東京都の立ち入り検査 報告書は?

スポンサーサイト
[ 2016/12/29 17:50 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(-)

死亡男児の両親、東京女子医大の医師提訴 鎮静剤過剰投与


死亡男児の両親、東京女子医大の医師提訴 鎮静剤過剰投与

2016/12/28 21:52日本経済新聞 電子版

 東京女子医大病院(東京・新宿)で2014年2月、男児(当時2)が鎮静剤「プロポフォール」を大量に投与された後に死亡した事故で、男児の両親が28日、手術を担当した主治医と執刀医の2人に計1億5千万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。


 訴状などによると、男児は14年2月18日に首の腫瘍を除去する手術を受け、集中治療室で人工呼吸器をつけた状態だった同21日に死亡した。男児にはプロポフォールが成人許容量の2.7倍投与されていた。プロポフォールは人工呼吸器をつけた子供への使用が原則的に禁じられている。


 病院側が設置した外部の専門家による調査委員会は15年2月、男児の死因がプロポフォールの長時間・大量投与に起因する「プロポフォール注入症候群」とした報告書をまとめた。


 両親は訴状で「主治医らから麻酔薬を使うことを聞いていれば、手術を受けることはなく、死亡することはなかった」と主張。術後管理で主治医らが麻酔科と連携しなかった点も事故の一因と指摘した。


 都内で記者会見した男児の父親は「法廷の場で医師から真相を聞きたい」と訴えた。今後、別の医師や看護師に対しても提訴を検討しているという。


 両親から相談を受けた警視庁は、手術後の安全管理を怠ったことが男児の死亡につながった可能性があるとして、業務上過失致死容疑で捜査。医師から事情を聴くなどしている。


 東京女子医大病院は「ご遺族の判断であり、コメントは差し控える」としている。

日本経済新聞より引用
[ 2016/12/29 17:44 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(-)

東京女子医大病院 事件

2016.12.28 02:00

【東京女子医大病院鎮静剤過剰投与】2歳児死亡 両親が医師2人を提訴へ 「鎮静剤投与を伏せた」

 東京女子医大病院(東京都新宿区)で平成26年2月18日、顎のリンパ管腫の手術を受けた当時2歳の男児が手術後に鎮静剤「プロポフォール」の過剰投与で死亡した事件で、両親が手術を担当した耳鼻咽喉科の医師ら2人に1億5千万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こすことが27日、関係者への取材で分かった。28日に東京地裁に訴状を提出する。

 両親が訴えるのは、手術の執刀医と、手術で助手を務めた後に主治医となった2人。代理人弁護士によると、訴訟では、手術後に人工呼吸器が必要となりプロポフォールが投与されることを伏せたまま男児の手術を承諾させた▽主治医であるにも関わらず、手術後の安全管理を放置した▽プロポフォールを投与した麻酔科医らと連携を取らず、男児の異常に対処しなかった-などと主張するという。

 民法上、不法行為に対する損害賠償請求の時効は、損害発生や加害者を知ったときから3年。両親は「いまだ病院から納得のいく説明がない。時効が来てしまえば何もできなくなる。息子の死に関わった全員から話を聞くため、まず2人を訴える」と話している。 投与された鎮静剤の総量は成人の許容量の約2・7倍で、男児は副作用とみられる急性循環器不全で死亡した。両親は昨年2月、同院の医師ら5人について傷害致死罪の告訴状を警視庁に提出。警視庁捜査1課は安全管理に問題があった可能性があるとみて、医師らから事情を聴いている。

     ◇

 東京女子医大病院2歳男児死亡事件 平成26年2月18日、東京女子医大病院で男児が顎のリンパ管腫の手術を受けた際、集中治療室(ICU)で人工呼吸器を付けている子供への使用が原則禁止されている鎮静剤「プロポフォール」を約70時間にわたって投与され続け、3日後に副作用とみられる急性循環器不全で死亡した。男児に投与された鎮静剤の総量は成人の許容量の約2・7倍だった。

産経新聞より引用
[ 2016/12/29 17:42 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(-)

167人が感染性胃腸炎 独協医大病院、ノロ集団感染か

独協医科大学病院(壬生町)で、九~九十三歳の入院患者百六十二人と看護師五人が感染性胃腸炎の症状を訴え、うち患者一人からノロウイルスが検出されたことが分かった。病院側が明らかにした。重症者はいないという。同病院はノロウイルスの集団感染の疑いがあるとして、感染ルートや原因を調べている。

病院によると、二十五日から患者らに下痢や嘔吐(おうと)などの症状が出た。二十七日に保健所に報告、立ち入り検査と指導を受けたという。入院患者への面会を禁止し、医師や看護師に使い捨ての手袋、マスク着用を徹底させるなどの対策を取っている。

東京新聞より引用
2016年12月28日
[ 2016/12/29 17:35 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(-)

サテライトなる本来は座学の施設建物に移動する際にマスクすらもしない医療従事者ども

当ブログに対するバリ雑言の投稿してきた方らは、ご苦労さん。

もはや、マナーすらも向上できない治療不可能の大学病院ではないだろうか?

不断前進を掲げ、都合の悪いことは隠す、黒塗りする、先送りする、それが、順天堂である。残念だが。

ガソリンスタンドの出口の警備員設置は、さすがだな。TMDUと同じである。

順天堂の敷地内は土壌汚染指定区域がある。なぜ、土壌汚染のまま放置したのか?順天堂は説明できるのか?
小川秀興理事長は説明すべきだ!

などと論客や有識者らの伝言を掲載します。
[ 2016/12/29 17:35 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(-)

事実証拠と記録

肯定的反響や趣旨に沿う投稿は歓迎する。

[ 2016/12/29 17:13 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(-)

大学附属病院で

[ 2016/12/29 17:11 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。