スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

反対するかどうかは説明会を

区民を差別し、(事業主 主催者側)が、区民に実力行使で阻止した証拠がある。

これでは、応援どころか、支援しがたい。

NIPPOさんは、説明会参加における区民を差別していない。

しかし、全体像を明示されたきた区民を差別し、その他とされた、再開発準備組合による、あまりにも区民を愚弄した
説明は、到底容認できない。

ところで、風でガラス交換していただけるのでしょうか?

多くの成澤区政に不信を覚える方の。。。。
スポンサーサイト
[ 2016/02/29 15:47 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

無題 学習 伝達 能力なし

地域の皆様への配慮について 案 表
地域の皆様への配慮について 案 裏

B棟だけではない。

もはや学内組織でさえ、崩壊している。管理部門が徹底せず、外部委託会社に丸投げし、長きにわたり苦しめられる。

地域社会の範囲を限定した、言語道断な侮辱的行為は容認できない。 

文の京 わたしの便利帳 広告30に掲載された 耳触りの良い、旗揚げは、欺瞞(詐欺)ではないのか?

 
[ 2016/02/29 15:41 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

震災復旧工事の談合疑惑

 公正取引委員会による調査には全面的に協力してまいります──。道路工事会社各社のホームページにはいずれも、こんな文言が並んだ。


地割れした高速道路。震災直後は未曽有の復興需要が生まれた。道路工事会社各社も脇が甘くなったのかもしれない

 東日本大震災の復旧工事を含む道路の舗装工事の入札で談合を繰り返した疑いがあるとして、公取は1月28、29日の両日、業界最大手のNIPPOや、ゼネコン傘下の前田道路や大林道路、鹿島道路など大手各社へ家宅捜索に乗り出した。

 捜索先は20社に上るとされる。これは犯則調査と呼ばれるもので、裁判所の令状に基づき捜索や物件の差し押さえができるなど、行使できる権限が強い。検察への刑事告発を視野に入れているようだ。

 もし刑事告発されれば、国などによる各社の指名停止処分が想定されるだけでなく、さらに重い営業停止処分の可能性も出てくる。業界大手20社が対象となっており、被災地の復興や、2020年の東京五輪に向けた都内の再開発に、果たしてどんな影響が出るのだろうか。

 13年に公取が摘発した北陸新幹線の融雪装置の入札をめぐる談合事件では「国土交通省による対象各社への営業停止処分が、期間を1~2カ月ほどずらして発せられた」と業界関係者は振り返る。ずらしたことで、大手が同時に営業できない時期が短くて済んだ。「今回も工事に影響が出ないよう、何らかの“配慮”をするのではないか」とみる。

 また、処分は当事者であるゼネコン傘下の子会社や関連会社にとどまり、親会社にまで及ぶことはないため、業界の大勢にも影響がないもようだ。もちろん各地の工事はただでさえ人手不足で工期の遅れが発生している。全く影響がないというのも当てはまらない。

補助金対象にメス

 東日本高速道路東北支社が発注した道路の舗装や補修の工事を見ると、10年度は全14件のうち7件が低入札調査の対象になるような状態だった。だが震災後の11年度は一転、予定価格ぎりぎりでの落札が目立つようになった。

 そこに今回、メスが入った。震災直後は復旧を急ぐため、国は11年度、高速道路の補修工事に490億円の補助金を出していたのだから、「税金を無駄遣いする悪質さ」を疑われたのである。

 一方で震災後は建設コストの高騰により、被災地の復旧、復興工事の入札で不落が続発。地方における建設人口の減少も問題視された。そこで国交省は、公共事業の発注価格の積算根拠となる設計労務単価を大幅に引き上げた。

 長年下がり続けていたのだが、13年度は前年度比16%増の1万5175円になった。14年度はさらに増やして1万6190円となっている。

 こうした業界への追い風に水を差すという意味でも、談合疑惑の影響は大きいといえるだろう。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 岡田 悟)
2016年2月12日
週刊ダイヤモンド オンラインより引用

NIPPO 公示
[ 2016/02/29 15:12 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

外部委託会社

依頼人は誰だ?
[ 2016/02/29 14:56 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

ル サンク 猿之助 掲示板

http://community.myhome.nifty.com/bbs/thread/587473/res/1-2000/

をご覧ください。

NIPPO  神鋼不動産 安藤 間の対応は。。。。

春日・後楽再開発で、大規模な日影になります。伝通院を超えて。。。、

成澤区政を潰しましょう。

などと多くの声が入電中。。。

NIPPO3
NIPPO1
NIPPO4
NIPPO2
NIPPO5


NIPPO 公示
[ 2016/02/29 14:50 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

東京都とゼネコン

ゼネコン各社 五輪施設の発注本格化で都庁OB採用積極化か

2014.07.31 07:00

2020年開催の東京五輪に向けて建設ラッシュが始まろうとしている。関連予算は1兆円を超すともいわれ、事業拡大で東京都庁OBの採用枠や天下り枠の拡大も予想されている。

 都庁OBにとって五輪利権の主役といえるゼネコンも有力な天下り先だ。スーパーゼネコン5社への天下り状況を見ると、2010年が竹中工務店(元都市整備局部長)と大林組(元建設局参事)、2011年は清水建設(元都市整備局部長など3人)、2012年には鹿島建設(元都市整備局部長)、2013年が大成建設(元下水道局建設部長)と大林組(元財務局建築保全部長)など、都の建設部門の幹部が“輪番制”で再就職している。

 元大林組課長で『談合業務課』などの著書があるノンフィクションライターの鬼島紘一氏がこう語る。

「ゼネコンが役所のOBを雇うのは発注工事の情報を取るためです。天下りがいるといないとでは有利さが全く違う。天下りにはいかに新しい情報を持っているか、元の部署に影響力が残っているかという新鮮さが求められる。役所のOBの賞味期限はせいぜい5年。そのくらいで新たな天下りと交替するわけです」

 東京都は昨年7月、五輪競技場の建設工事の一番手となる「武蔵野の森総合スポーツ施設」(近代五種の会場)の新設工事の1回目の入札を行なったが、応募がなかったために発注価格を大幅に上乗せして10月に再入札した。その結果、メーンアリーナ棟は竹中工務店JV(約105億円)、サブアリーナ・プール棟を大成建設JV(約73億円)が高値で受注した。

 これから五輪の競技施設工事の発注が本格化するだけに、ゼネコン各社は一斉に「新しい情報」を求めて次なる都庁OB採用に力を入れるはずである。

※週刊ポスト2014年8月8日号

より引用
[ 2016/02/29 14:34 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

医師法第21条とは何か?

改正に慎重なようだが。。。。
[ 2016/02/29 14:32 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

福島原発事故:東電元会長ら3人を強制起訴…業過致死傷罪

2011年の東京電力福島第1原発事故を巡り、東京第5検察審査会から起訴議決を受けた東京電力の勝俣恒久元会長(75)ら旧経営陣3人について、検察官役に指定された弁護士は29日、業務上過失致死傷罪で東京地裁に在宅のまま強制起訴した。検察審の起訴議決に基づく強制起訴は全国9例目。公判で旧経営陣はいずれも無罪を主張するとみられる。【山下俊輔】

 ◇「原発事故、予見可能」

 他に起訴されたのは、武黒一郎(69)、武藤栄(65)の両元副社長。事前に争点を整理する公判前整理手続きが行われる見通しで、初公判は来年以降にずれこむ可能性がある。公判では旧経営陣が大津波と原発事故を予見できたか、対策を講じれば事故を回避できたか−−などが争点になる。

 起訴状によると、旧経営陣3人は福島第1原発に10メートルを超える津波が襲来し、非常用電源などの機能が失われて原発事故が発生する可能性を予見できたのに、防護措置を取る注意義務を怠り、福島県大熊町の双葉病院からの長時間の避難を余儀なくされた入院患者ら44人を死亡させ、原発でがれきに接触するなどした東電関係者や自衛隊員ら計13人を負傷させたとされる。

 東電は08年、政府の地震研究機関の予測に基づき、第1原発の想定津波を最大15.7メートルと試算した。第5検審は昨年7月、この試算を踏まえ、「3人は万が一にも発生する事故に備える責務があり、大津波による過酷事故の発生を予見できた。原発の運転停止を含めた回避措置を講じるべきだった」と起訴議決した。

 事故後、避難者らが旧経営陣や事故対応に当たった政府関係者を告訴・告発したが、東京地検は計42人全員を不起訴とした。審査の申し立てを受け、第5検審は14年7月に3人を「起訴相当」と議決。再捜査した地検が15年1月、再び不起訴としたが、第5検審が起訴議決した。地裁が選任した指定弁護士5人は約半年かけて補充捜査を行ってきた。引き続き公判も担当する。今後は通常の刑事裁判と同じ手続きが進む。業務上過失致死傷事件は裁判員裁判の対象とはならない。

 同様に告訴・告発され不起訴になった旧経済産業省原子力安全・保安院元幹部と東電実務担当者ら計5人についても東京第1検審が審査している。

 ▽東京電力広報室の話 刑事訴訟に関することでありコメントは差し控えたい。

 ◇強制起訴

 検察が不起訴にした事件について、検察審査会が起訴すべきだと2回議決すれば、裁判所が指定した検察官役の弁護士が強制的に起訴する制度。国民の司法参加の一環で2009年5月に導入された。国民からくじで選ばれた審査員11人のうち8人以上が賛成して「起訴相当」と議決した場合、検察は再捜査を行う。再び不起訴としても、2度目の審査で8人以上が賛成して「起訴議決」をすれば、指定弁護士が起訴し、公判でも立証、求刑などを行う。

毎日新聞より引用
2016年2月29日

安倍政権を打倒せよ
[ 2016/02/29 14:24 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

東京都感染症予防計画

東京都感染症予防計画

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/ky_keikaku.files/keikaku.pdf

院内専用動線だけだなく。。。。。
[ 2016/02/29 13:28 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

医療廃棄物処理

医療廃棄物処理

感染性廃棄物の定義
 感染性を有するあるいはその可能性のある医療廃棄物は、廃棄物処理法に基づいて「感染性廃棄物」と称され、特別管理一般廃棄物と特別管理産業廃棄物に分けられる。法的には、血液の付着した紙類は感染性(特別管理)一般廃棄物に分類されるが、現実的には、これらが院内で血液の付着した手袋(感染性産業廃棄物)と区別されて取り扱われることはないし、その必要もない。いいかえれば、感染性一般廃棄物とは、事実上、臓器・組織および動物死体をさすと考えてかまわない。

上記は下記URLからの引用である。

http://www.fujita-hu.ac.jp/~kimigaai/study/naiyou/haikibutsu.htm

感染性医療廃棄物保管場所

順天堂 公害3



[ 2016/02/29 13:13 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。