スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

知事、一転して謝罪「訂正してお詫び」
2013.4.30 12:17 [猪瀬直樹都知事]

五輪招致をめぐる他都市批判発言について、記者団の質問に答える東京都の猪瀬直樹知事=30日午前、東京都庁
 2020年五輪招致を目指す東京都の猪瀬直樹知事が、ライバル都市のトルコ・イスタンブール批判ともとれる発言をしたとニューヨークタイムズ紙で報じられた問題で、猪瀬知事は30日、発言があったことを認めた上で「こちらの表現不足。不適切な発言であり、訂正してお詫びしたい」と述べた。都庁で記者団の取材に答えた。

 猪瀬知事は問題の発言について「インタビューが終わり、立ち上がってから雑談をするなかで『南米初やイスラム圏初というのはなんなんだろうか』と話した。東京のPRが9割9分だった」とし、インタビューの主要部分ではなかったと釈明した。

 行動規範で他都市批判が禁じられていることは「認識していた」としつつも、「他都市と比べた質問に対して答えようとすると、自分のどこがよいのかと説明するために、どうしても他都市と比較して答えてしまう」と弁明。「批判のつもりはなかったが、そう受け取られてしまったということはこちらの表現不足だった」と謝罪した。

 その上で「どの線がIOC(国際オリンピック委員会)の行動規範に触れるのか、勉強になった。これからの東京PRの反省にしていく」とした。

MSNサンケイより引用

頭 おかしいのではないか?この猪瀬は?主体的に自らの良さを他社との比較においてしか説明できないというのは、自分のどこが長所であると不断から用意できない準備不足以下の思慮不足である。

他の都市からすれば、これほど耳触りの悪い猪瀬の浅薄な発言は撤回できない。

速やかに、この違憲常態中に無効選挙で当選した公僕を解雇して頂きたい。

こんな職員は、軍法会議にかけて、分限免職が妥当である。

などと、多数からつぶやき投稿が絶えません。
スポンサーサイト
[ 2013/04/30 14:40 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

猪瀬 釈明するが。。。。

2020年夏のオリンピック招致をめぐり、東京・猪瀬都知事が候補都市のトルコ・イスタンブールを批判したとも取れる発言をしたとアメリカの新聞「ニューヨークタイムズ」が報じ、物議を醸していることを受け、猪瀬知事は30日に急きょ登庁し、午前11時からの会見で「不適切な発言は訂正し、謝罪したい」などと述べた。

 「イスタンブールは若い人が多いという質問があったので、その発言の中で誤解として受けとられる部分があった。質問に答えなければならないと思って。今回はよく経験させいただきましたので、これからの招致活動については敬意を払ってやっていきたい」-また猪瀬知事は、ニューヨークタイムズの「記事には完全な自信がある。録音もされている」とのコメントに対し、「不適切な発言は関係者に訂正したい。ニューヨークタイムズに対し、特にどうするものではない」と答えた

日テレNEWS24より引用

近隣地域住民いや国民に謝罪文を隠蔽するのか?

GO TO xxxxxx! INOSE!

国民の大多数は、OLYMPICどころではない。

まず、東日本大震災の復興の方が先である。

石原の放射能汚染測定対策はどうした?

xxxxに対し、特にどうするものではない だと?

学習能力の欠落である。

校長、教頭、猥褻不健全教師、破廉恥警察官など、公僕どもの犯罪事実は多すぎる。

独善的な身勝手な犯罪である。

[ 2013/04/30 14:12 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(1)

文京区の防災計画では

公開空地に避難所を設ける、実験や研究による、特定有害化学薬品などを保有する場所に避難してくださいなどとは一切記載なし。
[ 2013/04/30 14:04 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

猪瀬 発言の事実 NEW YORK TIMES

In Promoting His City for 2020 Games, Tokyo’s Bid Chairman Tweaks Others

By KEN BELSON

Published: April 26, 2013

http://www.nytimes.com/2013/04/27/sports/in-praising-its-olympic-bid-tokyo-tweaks-the-others.html?pagewanted=all


Facebook
Twitter
Google+
Save
E-mail
Share
Print
Reprints



With less than five months to go before the International Olympic Committee chooses a city to host the 2020 Summer Games, the three remaining bidders — Istanbul, Madrid and Tokyo — are increasing their efforts to win over delegates and the public.





The Olympic committee’s rules prohibit bid committee members from directly criticizing other bids. Instead, the bidders often highlight the perceived strengths of their bids to note delicately what they believe to be their rivals’ shortcomings, something known in the communications industry as counter-positioning.

Naoki Inose, the governor of the Tokyo Metropolitan Government and chairman of the Tokyo 2020 bid, has often done that, highlighting his city’s extensive and efficient transportation system, as well as the financial and technical wherewithal to build first-class sports sites and housing for the athletes. He has also noted that, like Paris and London, Tokyo has hosted the Summer Games before, a claim that Istanbul and Madrid cannot make.

But Inose has also pushed the boundaries of rhetorical gamesmanship with occasionally blunt and candid statements about how his city compares with the competition, particularly Istanbul, which he has suggested is less developed and less equipped to host the Games.

“For the athletes, where will be the best place to be?” Inose said through an interpreter in a recent interview in New York. “Well, compare the two countries where they have yet to build infrastructure, very sophisticated facilities. So, from time to time, like Brazil, I think it’s good to have a venue for the first time. But Islamic countries, the only thing they share in common is Allah and they are fighting with each other, and they have classes.”

Asked later to elaborate on his characterization of Istanbul, a spokesman said Inose meant that simply being the first Islamic country to hold the Olympics was not a good enough reason to be chosen, just as being the first Buddhist country or the first Christian country would not be, either.

The spokesman said Inose did not mean to refer to “class.”

Istanbul is an Olympic finalist because it is an international city in one of the fastest-developing countries in the region. A member of NATO, Turkey straddles Europe and Asia and is a bridge between Christianity and Islam. With its emerging middle class, Turkey has become a political and economic powerhouse in the region.

This is Istanbul’s fifth bid to host the Olympic Games. In a statement, the city’s bid committee declined to address comments made by rival bidders.

“Istanbul 2020 completely respects the I.O.C. guidelines on bidding and therefore it is not appropriate to comment further on this matter,” the statement said.

The International Olympic Committee does not look kindly on overtly harsh attacks by bidders, and occasionally it sends letters of reprimand to those who break with protocol, former bidders said.

According to Article 14 of the Rules of Conduct for bidders: “Cities shall refrain from any act or comment likely to tarnish the image of a rival city or be prejudicial to it. Any comparison with other cities is strictly forbidden.”

Though untoward comments rarely disqualify a bid, they could raise doubts in the minds of I.O.C. delegates about the trustworthiness of a bidder.

“The reason the rule is there is that if someone deviates from it, it triggers a chain reaction,” said Mike Moran, chief spokesman for the United States Olympic Committee from 1978 to 2002 and a senior communications counselor for New York’s bid for the 2012 Summer Games. “The I.O.C. is very serious about their protocols.”

Moran added that negative comments by bidders would probably not hurt a bid, although “you never know how a comment might influence those I.O.C. members.”

At several points in the interview, Inose said that Japanese culture was unique and by implication superior, a widely held view in Japan. He noted that the political scientist Samuel P. Huntington wrote in his book “The Clash of Civilizations and the Remaking of World Order” that Japan was unlike any other culture.

Inose also pointed to polls that showed 70 percent of Tokyoites in favor of hosting the Summer Games, up from 47 percent last year. The well-received London Games, he said, have helped generate enthusiasm and confidence that Tokyo can host a similarly successful event.

Tokyo, he added, is exceptional because the Imperial Palace, which is largely off-limits to residents and visitors, forms the city’s core while bustling activity surrounds it. “The central part of Tokyo has nothingness,” he said. “This is a unique way that society achieved modernization.”

Inose brushed aside the notion that Olympic delegates may favor Istanbul’s bid because Turkey has a far younger population than Japan and thus is fertile ground for developing the next generation of Olympic enthusiasts. While population growth has stalled in Japan, the population of Tokyo has grown because of an influx of younger people, he said. He added that although Japan’s population is aging, its elderly are reasonably healthy.

“We used to say that if you are poor, you have lots of kids, but we have to build infrastructure to accommodate a growing population,” Inose said. “What’s important is that seniors need to be athletic. If you’re healthy, even if you get older, health care costs will go down. The average age is 85 for women and 80 for men, so that demonstrates how stress-free” Japan’s society is.

“I’m sure people in Turkey want to live long,” he added. “And if they want to live long, they should create a culture like what we have in Japan. There might be a lot of young people, but if they die young, it doesn’t mean much.” Inose has drawn distinctions between Japan and other cultures in other settings, too. When he visited London in January to promote Tokyo’s bid, he said Tokyo and London were sophisticated and implied that Istanbul was not.

“I don’t mean to flatter, but London is in a developed country whose sense of hospitality is excellent,” Inose told reporters. “Tokyo’s is also excellent. But other cities, not so much.”

Hiroko Tabuchi contributed reporting.


[ 2013/04/30 13:58 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

謹啓 小川秀興 理事長 様

院内にありました、孟子の教えから、建学の精神および 貴学の 学施 順天思想 について

[ 2013/04/30 13:52 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

しゃれた町並みだと?

名無しコンサル集団 期限付きまちづくり

ビル風がすごくて、公開空地のコナカのアウトレットセールなどやビヤガーデンの看板も倒壊しているのは、
アキバUDX公開空地も同様です。立て看板がなぎ倒されています。

しゃれになりません!

猪瀬総合設計制度許可処分には、問題があります
[ 2013/04/30 13:44 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

本日は南西風強し

神田川沿いの外堀通りの歩行通路内では、メガネが吹き飛ばされそになり、これが既存不適格である東京医科歯科大学などの高層建物による、村上理論のようでも解明できない、ビル風による風害です。

順天堂にたどりつく前に、帽子が吹き飛ばされてしまいました。

たどりついて、本館の前の盛り土のようなところの階段を上がり、わずかな公開空地ですか?
木々が揺れていましたが、西側から

鉄骨をこするような、重金属の摩擦するような異音がしています。

強風に煽られて、吊り荷が揺れて落ちない ですよね?

今、院内で薬をもらうために順番です。

[ 2013/04/30 13:36 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)

順天堂D棟建築工事

現在、鹿島による杭抜き工事がされているようです。買収した物件数件には杭はあったのでしょうか?
旧武田と旧若菜ビルなどですが。。。

騒音振動計すらありません。かなり響きます。

区民の財産である不特定多数の通行ができる区道を占用して、通行止めにするような掲示が小さくありました。

順天堂は、学習能力が欠落し、配慮はありませんね。

これが再編局の主かと思われるような発言も多々あります。

独善的学校法人ではないでしょうかねえ?

などと

通院者の近隣からの投稿がありますが。。。。


鹿島は 建築確認申請で、高さ制限違反を見過ごしていた事実が、東急不動産による、小日向ブランズタワー
マンション建築で起きています。


http://rokkakuzaka.edoblog.net/Entry/159/

近隣の順天堂とは無関係の他社の解体工事や新築工事は、時間遵守しているのに、順天堂21階は、昼夜祝日(昭和の日も稼働中)おかいまいなし。

予約して順天堂院内におとなしく、座って待っていますが、やたらと煩いし、耳障りである。


誘導員と土壌汚染地帯から(改質変更中)ヘルメットと白衣を院内敷地内ですれちがうたびに、仁が本当にあるかどうか疑がわしく、小川理事長は、一体何を考えて、区道に囲まれた土地建物を買い漁るのでしょうかねえ??

なんですかねあのタクシー乗り場は?

奇妙な突出した異様な状態ですね。

しゃれた町並みではないようです。東京都 都市整備局の掲示文言を都内で見ていますが。。。。

わざわざ、JUNTENDOU UNIVと背中に刻印したジャージを着て、なんとかコートやなんとかワンルームに入る学生には。。。。。
[ 2013/04/30 11:52 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。