政治家とは本来、民の代表として、民のために身を粉にして公務に当たるものであります。

公平無私な新たな区長の誕生を
はじめまして。
私も文京区在住のものでして、このニュースには幾分疑念を感じざるを得ませんでした。
全国初であれば何でもニュースにしてしまうマスメディアにも問題はあると思いますが、
それ以上に然るべきは、そんなことに意欲を出してしまう、目に余るイクメン区長の私利私欲さであります。
そもそも、たった2週間ばかし育児休暇をとっただけの、名ばかりイクメン区長であり、
そのタイミングもマスメディアがイクメンという言葉を流行らそうと各所で謳った時期にちょうどマッチしています。
今回のニュースから見ても、成澤区長は区民のために政治を行なっているとは決して言えず、
マスメディアに向けて文京区をダシにして、自分を売り込み、名を有名にする、つまりは自分のために政治のタクトをふるっているように私には見えます。

子供のために子供のためにと、育児に力を入れている背景は、文京区の子供のためにではなく、
自らを中心とした子育ての円滑化と、それによるイクメン区長という肩書きのイメージアップに他なりません。
政治家とは本来、民の代表として、民のために身を粉にして公務に当たるものであります。
現在、成澤区長が行なっていることは、文京区の区長としてはもとより、政治家としての理念に反しています。
2期目となった今期、政治家としての底が割れたことに、我々有権者は気付かなくてはなりません。
マスメディアや企業や役人を正すことは、我々の力では出来ませんが、選挙というのはそれが可能です。
声を集め、志を統一し、ひとりでも多くの文京区民が成澤区長の本来の姿に気付くよう、小さなことから努力していきましょう。
目先の利得や私利私欲に走らない、中長期的な視点をもった公平無私な新たな区長の誕生を私は心から願います。

ここまで区民からの丁寧なコメントです。ありがとうございます。

当職ら区民は本郷洋服組合に属し、長身でハンサムだった成澤ひろのぶのおやじさんを記憶しているが。。。。

煙山体制をまんま傾倒しているのではないか?本郷テーラ成澤であったことも記憶している。

区民が主体、区民が主役であろうなら、なぜ、つぶやきを許可制にしたのか?

順天堂の 市民公開講座もまるでない。

取次屋に事前登録だと?

地域の皆様への配慮(案)は、何だったのか?

我々区民は詐欺にあったのではないか?

接遇マナー向上なる地域優先(といっても当職ら区民には配布されない)の診察券は、その後どのような結果をもたらしたのか?

あのような色分けカードは意味がないと実際に 近隣(順天堂第3街区)からの当職らの近隣から言われている。

そういえば、今夜2時ごろ 油坂方面を往来する、男女学生が、うるさかったな!

夜中でも学生らが奇声をあげて、大きな声なら、さらにこちらも考えがある。
[ 2012/09/30 11:58 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(2)