スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

清水建設の超高層マンション、鉄筋不足…30階で工事停止

 千葉県市川市のJR市川駅前に建設中の45階建ての超高層マンションで、計128本の鉄筋が不足していることが6日、明らかになった。

 工事は現在、30階で止まっている。超高層マンション建設に絡み、一度にこれだけ多くの鉄筋不足が発覚するのは異例。
大手ゼネコンの清水建設(東京)は、全面的に施工ミスを認め、補修工事により強度不足を解消したいとしている。
国土交通省も事態を重視し、事業を行う市川市を通じて報告を求める方針だ。
 問題のマンションは、市川駅南口駅前の再開発地域に建てられている2棟のうち、
西側の「ザ・タワーズ・ウエスト プレミアレジデンス」(高さ約160メートル)。
1~3階は図書館や託児所、商業施設など、最上階の45階は展望ラウンジで、4~44階が計573戸の分譲マンションと
地権者住宅になる。着工は2005年8月。09年1月に完成し、同3月に入居開始する予定で、事前予約では既に
全戸に申し込みがあるという。
 このマンションは、住宅の品質確保を目指す住宅性能表示制度による任意の中間検査の対象になっており、
先月11日、評価機関の財団法人「日本建築センター」の職員が、工事中の30階部分を検査した際、鉄筋の本数不足を見つけた。
詳しく調べたところ、25~29階にある計310本の柱のうち、各階外周部の柱計60本と、30階の柱4本の計64本の柱で主要な
鉄筋(直径約5センチ、長さ約4メートル)が不足していた。問題の柱には、本来、鉄筋22本が必要だが、それぞれ20本しかなかった。
 清水建設によると、
〈1〉鉄筋業者が柱の骨組みを作る際、鉄筋の数を間違えた
〈2〉施工担当者が設計図面との十分なチェックを怠った――と説明、
「ミスが重なり、起こりえないことが起きた。大変申し訳ない」としている。
 建物の強度について、和田章・東京工業大教授(建築構造学)は「一般論として設計通りに建てなければ安全とは言えない。
ただ、詳細は建物ごとに調べないと詳しく分からない」としている。
 清水建設では今後、日本建築センターの確認を受けてから、柱を削って不足する鉄筋を埋め込むなどして補修工事を行う予定だ。
 国交省住宅局では、「事実とすれば、そんなずさんな工事は聞いたことがない。
監理体制などの見直しが不可欠」とし、市川市に対し、施工ミスが起きた経緯などについて報告を求めることにしている

2007年 ヨミウリONLINE様より記事を引用
スポンサーサイト
[ 2011/10/27 23:28 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(1)

市川駅南口地区 清水建設 鉄筋 不足

市川駅南口地区 [編集]
2009年1月:西地区、ザ・タワーズ・ウエスト竣工。地上45階、地下2階。
2008年7月:東地区、ザ・タワーズ・イースト竣工。地上37階、地下2階。

両地区とも低層階には商業施設および公共施設が入る。東地区の高層階は介護付有料老人ホームのライフ&シニアハウス市川と都市再生機構の賃貸住宅となり、西地区の高層階は野村不動産と三井不動産レジデンシャルが販売する分譲マンションとなる。
2007年11月7日、西地区分譲マンション「ザ・タワーズ・ウエスト」の工事中に25~29階の各階12本の外周柱で柱毎に22本必要な鉄筋が2本不足、30階の4本の柱で同様の不足、全体で計128本の鉄筋不足が明らかとなった。清水建設は施行ミスを認め補修工事を施し強度不足を解消する。販売会社が施行ミスを知った後も、説明せずに販売したことも指摘された。三社連名による「お詫び」
2007年12月25日~28日 - 25日、鉄筋不足をうけて、12月初めから事業主である市川市は清水建設などの建築会社への工期が遅れた場合の損害賠償を、また分譲マンション購入予定者の不安解消のための訴訟などに対する誠意ある対応や瑕疵(かし)担保責任の通例の10年間を超える期間延長を今後協議すると野村不動産と三井不動産レジデンシャルに求めていたが相互にその確認書が交わされ、27日市議会に報告された。また鉄筋を設計どおりに戻す補修工事の計画が、28日国土交通省に認められ、補修工事は2008年2月にも始まる見通しとなった。
市は鉄筋不足の補強工事を2008年3月24日に完了したと翌25日に清水建設、野村不動産、三井不動産レジデンシャルの3社から報告を受けた。鉄筋不足だった柱側面を超高圧水で削り鉄筋を挿入しコンクリートで固め、「当初設計通りの強度が確保できる」とされた[14][15]。また、2008年6月15日、3社は新聞全面広告[16]によって、補強の是正工事内容を事前に指定確認検査機関、国土交通省および建築研究振興協会で審査し、工事後は同協会から妥当な施工であったと判断した評価書を2008年4月17日に受領したと公表した。これまで以上に品質管理に注意し取り組むともしている。

WIKIより引用
[ 2011/10/27 23:11 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(3)

清水建設という こどもたちに誇れると公開し、おもしろい 作っちゃおう!

現在建築中のVT名古屋、ヴィークタワー名古屋東別院において
明らかに故意と思われる瑕疵(欠点、過ち)が見つかり、
名古屋市の建築指導課、住宅都市局都市計画課の方々と反対住民との間で
話し合いが23年9月26日におこなわれました。
名古屋市の職員も呆れるような違法建築です。
その後の話し合い、工事のやり直しが当然あるべきであるにもかかわらず
何もなかったように工事はすすめられ、1ヶ月近くもたつのに説明もありません
VT名古屋、ヴィークタワー名古屋東別院、清水建設からの説明が
あってからの報告と思っつていましたが一部内容を報告いたします。
これはほんの一部分だけですが
これがVT名古屋、ヴィークタワー名古屋東別院の工事現場の映像です。   

 You Tube 泥比重 一番上の水を捨てて比重を誤魔化しているものです



をみてください。 基礎に関するもっとも重要な工事です。まだまだ不正があり
(周りに人がいないかキョロキョロと見回して
いないと見るやコンクリートの比重増やしのため石を計測器にいれたり、
測る前に測定値を書いてあるのに重量を合わせる等々**)
他のビデオも名古屋市職員、住民の方々は見て驚いていました。基礎の強度は半分ぐらいになるのでは、と専門家の説明です。
指摘の明らかな手抜き工事が判明してもやり直しもせず、名古屋市に違法工事に25億もの税金を(補助金として)使いつづけることに対して
免震構造、耐震構造とうたい販売をつづける
清水建設に抗議し
提訴の予定です.  VT名古屋 ヴィーク名古屋東別院の工事看板には
子供たちに誇れる仕事を と書いてあるんですが、これはなんなんでしょうかね

LINK頂いております、東別院 超高層マンション建設反対 様より 引用させていただきます。この場を借りて
情報提供をしていただいた貴ブログには、厚く御礼申し上げます。

どこでも地鎮祭など開催したんでしょうね。東別院でも。こどもたちに誇れない、違法建築なんですね。

[ 2011/10/27 22:47 ] 建築紛争 | TB(-) | CM(1)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。