スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

公安どもの物言い!

 公取委幹部はこう語る。

 「予定表なんか作っている時点で、なめきっている。危機意識が芽生えにくい業界なのか、古い体質がずっと続いている」

医療系 学校法人との癒着は?
スポンサーサイト
[ 2017/12/23 15:11 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

リニア談合

なめんじゃねえ!このクソ白xxx!黒い感染菌も公道に。。。。

大林、大成、清水、鹿島とゼネコンの餌食!

それが順天堂です!

小川の買い取りも発覚か?

[ 2017/12/23 15:09 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

新型インフル対策の防護服 入札談合で3社に排除措置命令


12月12日 17時26分

東京都が発注した新型インフルエンザ対策の「防護服」などの入札で談合を繰り返していたとして、公正取引委員会は、都内の医療機器販売会社など3社に、独占禁止法に基づいて排除措置命令を出しました。




排除措置命令を受けたのは、いずれも東京にある「新成物産」と「センチュリーメディカル」、それに「エア・ウォーター・メディエイチ」の3社です。

公正取引委員会によりますと、新成物産など3社と大手商社「丸紅」は、平成26年度と27年度に都が発注した新型インフルエンザ対策の防護服などの入札で、事前に受注業者や入札価格を決め、取引先の2つの業者に指示して防護服など220万セットを、およそ29億円で落札させていたということです。

落札した2つの業者は、入札価格について指示を受けていましたが、落札業者が決まっていたことまでは知らされていなかったとして、談合は認定されず、「丸紅」は、談合を自主申告したため今回、排除措置命令は出されませんでした。

また、通常、談合が認定された場合、独占禁止法の規定で談合した落札業者に課徴金が科されますが、今回、談合した業者と落札業者が異なることから課徴金は科されませんでした。

命令を受けた「センチュリーメディカル」などは「法令順守につとめるとともに再発防止を徹底したい」などとコメントしています。

NHK NEWS から引用
2017年12月13日
[ 2017/12/13 22:29 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

先駆的自殺とは(北欧は日照時間が限定的である。)



佐藤先生よ!

議事録を再読されたい。
[ 2017/12/11 23:44 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

人間椅子 水没都市 名曲!プログレ椅子!青森ROCK 和嶋いいよ!

[ 2017/12/11 23:37 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。